おねしょの悩み

おねしょ比較ガイド

小学校ぐらいの子のおねしょは親の悩みの1つです。

おねしょの悩み

子供がご飯を食べない。

風邪をよくひく。

癇癪を起こす。

大きなことから小さなことまで親の悩みはつきません。

その中でも「おねしょ」で悩む親も多いのではないでしょうか?もう周りの子は夜寝る時はオムツなし。

もちろんおねしょもしない。

なのに、うちの子は毎日おねしょをするのでオムツがかかせない。

悩みますよね。

では、なぜおねしょをする子としない子がいるのか?

みなさんは夜尿症(おねしょ)の原因を知っていますか?

おねしょの仕組みはというと、寝ている時に尿をためる膀胱の大きさと、寝ている時に作られる尿の量のバランスが悪く、無意識のうちに尿が膀胱からあふれてしまうのです。

ですから、赤ちゃんは膀胱が小さいので一晩に何回もおしっこをするのです。

そして、2~3歳になると膀胱にためられる量がふえ、更に夜の間に作られる尿の量も減りおねしょは減ることになります。

その結果、2~3歳でおねしょをする子は50%、つまり2人に1人になると言われています。

更に、4~5歳になると、更にこのバランスが安定し70~80%の子はおねしょをしなくなるのです。

ただ小学校ぐらいの子になると、おねしょの割合はかなり減ります。

育て方が悪いのかと悩み人もいるかもしれません。

でも育て方より他に原因はあるのです。

おねしょの原因についてもっと詳しく説明しましょう。

人気記事ランキング!

このページのトップへ

copyright © 2013 おねしょ比較ガイド All Rights Reserved.